15833円 Doepfer A-147-2V VCD LFO ユーロラック モジュラーシンセ 楽器・音響機器 シンセサイザー・サンプラー サウンドモジュール Doepfer 価格 A-147-2V VCD ユーロラック モジュラーシンセ LFO 15833円 Doepfer A-147-2V VCD LFO ユーロラック モジュラーシンセ 楽器・音響機器 シンセサイザー・サンプラー サウンドモジュール Doepfer,モジュラーシンセ,polgen.us,ユーロラック,/isohyetal1074073.html,A-147-2V,15833円,VCD,LFO,楽器・音響機器 , シンセサイザー・サンプラー , サウンドモジュール Doepfer 価格 A-147-2V VCD ユーロラック モジュラーシンセ LFO Doepfer,モジュラーシンセ,polgen.us,ユーロラック,/isohyetal1074073.html,A-147-2V,15833円,VCD,LFO,楽器・音響機器 , シンセサイザー・サンプラー , サウンドモジュール

使い勝手の良い Doepfer 価格 A-147-2V VCD ユーロラック モジュラーシンセ LFO

Doepfer A-147-2V VCD LFO ユーロラック モジュラーシンセ

15833円

Doepfer A-147-2V VCD LFO ユーロラック モジュラーシンセ

商品の説明

A-147-2 VCDLFOは3つのサブユニットで構成されたLFOモジュールです。A-147 VCLFOの後継機種ですが、はるかに多くの機能を搭載しています。A-147-2は以下のサブユニットで構成されています。

CV ModeスイッチによりCVの制御をアッテネーターかポラライザーに切り替える事ができます。アッテネーターの場合、0の位置で一定の電圧が出力され、右へ回すとLFOの振れ幅がプラス方向へ大きくなります。ポラライザーの場合、ノブが中央の位置では一定の電圧が出力されます。中央から右へ回すとアッテネーターと同様の働きをし、中央から左へ回すとマイナス方向へ大きくなります。外部CVを入力しない場合、フリーケンシーレンジは0.005Hz(3分で一周期)から200Hzです。内部ジャンパーを設定すると、ウルトラ・ローフリーケンシーモードへ切り替える事もできます。このジャンパーを設定すると、固定電圧がLFO CVソケットへ接続されます。ポラライザーモードでは極めて低い周波数(一周期が1時間かそれ以上)で動作させる事が可能です。

VCA
CV 制御可能なリニア VCA です。VCA Mode スイッチによりノーマルなVCA、又は VC ポラライザーへ切り替える事が可能です。

A-147-2のVCAは3つの入出力を持っています。パネルに並んだジャックのうち、右側縦3列のIn (シグナル In)、Out (シグナル Out)、 CV (コントロール・ボルテージ In)がVCAの入出力です。VCA Inは通常 VC LFO の三角波の Outが、CV には Delay Out が内部結線されていますが、ケーブルを接続する事により、この内部結線は切断されます。これを利用する事で VCA を VC LFO と VC Delay から独立して使用する事もできます。

VC ディレイ・ユニット
唯一のパラメーター Delay (又はAttack)のみを持つ VC エンベロープ・ジェネレーターです。Delay Resetに信号を受けると0Vから+5Vまでリニアで増加する電圧を生成します。+5Vに達した電圧は次のDelay Resetを受けるまで+5Vのままです。Delay Out ジャックの緑色のLEDで動作を視覚的に確認できます。

Specifications
WIDTH
8 HP
DEPTH
55 mm
消費電流
+12V : 60 mA, -12V : 40 mA

Doepfer A-147-2V VCD LFO ユーロラック モジュラーシンセ

カテゴリから探すSEARCH FROM CATEGORY

大型筐体板金加工品の製作事例を紹介します。大型筐体や大型のフレーム・架台をはじめ、多数の加工製作実績があります。製品名や材質、業界だけではなく、サイズからもお探しいただけます。

製品名

アプリケーションから探すSEARCH FROM APPLICATION

筐体設計・製造.COMがこれまでに製作した、大型筐体板金品の製作事例を紹介します。400点を超える板金部品を組み立てた大型の筐体や、大型架台・フレームなど、高い精度が求められる筐体板金品の実績は多数あります。

大型筐体もっと見る

その他大型筐体板金品もっと見る

技術提案事例を探すSEARCH FROM TECHNICAL CASE

筐体設計・製造.COMがこれまでに設計者様、開発技術者様に提案したVE事例を纏めました。イラストと分かりやすい解説を付けていますので、開発段階や設計段階の技術資料としてご活用ください。

運営会社情報COMPANY PROFILE

筐体設計・製造.COMが選ばれる5つの理由と、400点を超える板金部品の高精度組み立て、薄板板金の歪みレス溶接を実現する、複合機やファイバーレーザー溶接機などの最新鋭の大型板金加工設備を紹介します。

会社紹介

保有設備その他保有設備

各種サービスと発刊物

筐体設計・製造.COMのご紹介筐体設計・製造.COMについて

筐体設計・製造.COMは、筐体板金加工の中でも特に「大型」と呼ばれる筐体板金加工品に特化した技術情報総合サイトです。また、筐体設計・製造.COMは大型筐体板金加工品の部品点数が多く、溶接による組み立ての難易度が高い筐体品を中心とした精密な板金製品の製作を得意としています。本サイトでは設計者・開発技術者が知っておかなければならない技術情報なども分かりやすく解説します。

新着情報NEWS過去の新着情報

筐体設計・製造.COMでは、大型筐体板金に関する最新の技術提案事例や製作事例、技術情報に関する基礎知識などを発信しています。また、展示会や商談会出展情報なども随時アップしています。